プチ豊胸でバストアップ|美しくなる手段として美容外科を選ぼう|美容のお助けガール

美しくなる手段として美容外科を選ぼう|美容のお助けガール

プチ豊胸でバストアップ

カウンセリング

女性特有の悩みとして、胸の悩みがあります。胸が大きいと、女性らしいプロポーションになれますし、さまざまなファッションも楽しみやすくなります。女性らしい体になるためには、胸の大きさというのは重要になります。そのため胸が小さくて、悩む女性が多いのです。名古屋の美容外科で豊胸手術を行なえば、理想の大きさ、形の胸を手に入れることができます。豊胸手術と言えば、メスを入れる手術というイメージが強いですが、メスを使用しないプチ豊胸という方法もあります。プチ豊胸なら、美容整形の初心者や豊胸初心者でも気軽に受けることができます。胸が小さくて悩んでいるなら、名古屋の美容外科でプチ豊胸を行なうといいでしょう。プチ豊胸は、ヒアルロン酸注入法やプラズマジェル豊胸など色々な施術があります。どれもメスを使わずに、注射だけの施術になるので傷跡が残らないですし、安全性が高いです。このような魅力があるプチ豊胸ですが、永久的な効果はなかったり、1カップ以上のバストアップは難しかったりするので気をつけておきましょう。

名古屋の美容外科で受けられるプチ豊胸の1つとして、ヒアルロン酸注入法があります。ヒアルロン酸注入法は、プチ豊胸の中で、オーソドックスな方法です。ヒアルロン酸を注射で、胸に注入することで、バストアップや形を整えられるのです。ヒアルロン酸は、豊胸以外にもさまざまな美容整形の施術に使用されています。それほど安全性が高く、アレルギーや違和感を感じにくいので安心して使用できます。名古屋の美容外科によって、使用するヒアルロン酸は異なるので、事前に確認しておいたほうが良いです。ヒアルロン酸の種類によっても、効果が持続する時間や仕上がりの感触などは変わってきます。世界的に高評価を得ているヒアルロン酸は、マクロレンVRF30とマクロレンVRF20です。この2つは、従来のヒアルロン酸に比べて粒子が10倍になっています。そのため持続期間が2倍にアップし、1年~2年ほど効果が持続するのです。

ヒアルロン酸注入と同じように安全性が高いプチ豊胸として、プラズマジェルがあります。プラズマジェル豊胸です。プラズマジェルとは血漿に含まれるPPPのタンパク質に熱変性を起こし、ジェル状にしたものです。このジェルを注入して、豊胸を行ないます。自分の血液を使用するので、拒絶反応がほとんどなく、安全性が高いです。また、しこりになる可能性が低いという特徴もあります。ヒアルロン酸注入法の場合、しこりになる可能性があります。しこりができてしまうと、触り心地が悪くなったり、痛みが出たりしてしまうのです。しかしプラズマジェル豊胸は、プラズマジェルが完全に体内に吸収されるので、ヒアルロン酸よりもしこりができる可能性が低いのです。しこりができるのが嫌という人は、プラズマジェル豊胸を選んだほうが良いです。ただ、プラズマジェル豊胸はヒアルロン酸注入法と比べて効果の持続期間が短いです。個人差がありますが、早いときは3ヶ月、長くても1年程度しか持たないのです。サイズを持続するためには、定期的に通院して名古屋の美容外科でプチ豊胸を行なわなければなりません。